オンラインカジノの運営ライセンスの制度

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノ運営ライセンスの制度について

オンラインカジノライセンスは、カリブ海に浮かぶ「アンティグア・バーブーダ」が世界で最も初めにカジノ運営ライセンスを発行しました。

〈情報〉オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史
オンラインカジノはどうやって誕生してきたのかをご紹介しています。

1994年に初めて法律でライセンス発行が決定され、それ以降「アンティグア・バーブーダ」のライセンスは信頼性の高いライセンスとして認識され続けています。

1994年のライセンス発行の頃は、今よりも審査基準が低く、悪徳カジノサイトも多かったようです。

その後、ライセンスの基準は引き上げられ、悪徳カジノサイトは排除され、営業維持はできなくなりました。(存在しても証明書を確認するとすぐに判明する)

カジノが合法な政府が発行するカジノ運営ライセンスは、資源・財源の乏しい小国にカンフル剤にもなったと言われていて、様々な国が発行をしています。

カジノ運営ライセンスが監視している事の一例

  • 不正が無いか
  • 不正な資金のマネーロンダリングは無いか?
  • ゲームに不正は無いか?
  • 個人情報の管理や利用法
  • 広告や露出の内容や方法
  • トラブル発生時ライセンス発行元から補償金が出るための「預託金」額は十分か?

オンラインカジノ運営ライセンスの主な種類

世界には様々なカジノ運営ライセンスが存在しています。日本に参入を果たしているカジノサイトの運営ライセンスは、比較的グレードが高いという特徴があります。

UKライセンス

UKライセンスは、世界で最も厳しい審査基準で、信頼性もトップクラスと言って良いでしょう。

余りにも審査・監査を徹底している余り、UKライセンス離れするカジノも存在しているくらいです。

取得に必要な預託金もトップクラスに高額で、非常に財政は良好です。

MGA(マルタ・ゲーミングオーソリティー)

MGA(マルタライセンス)は、UKライセンスの審査基準を引き継いでいることから、利用者からもカジノからも非常に信頼性が高いです。

とはいえ、預託金はUKライセンスに比べれば比較的安くなるので(数億円単位)、その分ライセンスを申請するとこが増えたと言われています。

日本に参入しているオンラインカジノでもマルタライセンスはよく見かけます。

ジブラルタル

非常に定評のあるカジノ運営ライセンスです。

日本参入のカジノサイトではあまり見かけませんが、その理由は「通訳・翻訳」の問題が大きいと言われています。

余りにも直訳すぎて、ライセンスを取得(日本向けの場合)をしないケースが多いようです。

マン島

マン島のカジノ運用ライセンスは、日本では珍しいですが、高い信頼性があります。

マン島は、イギリスとアイルランドの間に浮かぶ島で、バイクレースなどでも有名な場所です。

オルダニー島

イギリス海峡に浮かぶ島、オルダニー島が発行するカジノ運営ライセンス。

カジノサイトが取得するよりも、ゲーミングプロバイダーが主に取得しているライセンス。

カナワキ(KAHANAWAKE)/カナダ

並のクラスのライセンス。

カナダライセンスを取得しているカジノっは最近増えているが、取得の審査はそれほど厳しいものではなく、むしろ、カジノサイトの運用履歴や事故履歴が無いか?が、利用者には大切になってくる。

PAGCOR パグコー/フィリピン

別名フィリピンライセンスと呼ばれることもある。大統領令委により民間管理企業が運営しているカジノ運用ライセンス。

フィリピン・ファーストカガヤンから、PAGCOR(パグコー)に移行したところがほとんど。

旧ライセンス時代の大統領の政治により衰退した業界を、立てなおすために誕生したという経緯を持つ。アジアでも最大級に大きい財源がある。

キュラソー

オンラインカジノで最も耳にすることが多いカジノ運用ライセンス。

その理由は、審査の緩さと言われていて、形式を用意し預託金を預ければ割と簡単に取得ができるので人気がある。

このライセンスを取得しているカジノを利用する際は、過去の経歴を気にしたいところ。

キュラソーライセンスでしか配給されないカジノゲームの為に取得をするカジノサイトもある。

 

 

コメント

  1. […] オンラインカジノの運営ライセンスの制度 […]

タイトルとURLをコピーしました