オンラインカジノ 信頼性を見極める方法

オンカジ 信頼性 オンラインカジノ 基礎知識編

オンラインカジノサイトで絶対見るべき3つの必須チェックポイントとは?

  • カジノ運用ライセンスの種類と確認(認証番号など)
  • 第三機関による監視の有無
  • 日本語に対応しているかどうか?

(カジノライセンスに関する記事)

オンラインカジノの運営ライセンスの制度
オンラインカジノ運営ライセンス制度についての情報です。

オンラインカジノ(オンカジ)の信頼性を見極めるのは、これから遊ぼうとするカジノサイトの正当性を見る事と同じなので、とっても重要な事です。

カジノライセンスは申請後、6か月以上の期間全ての項目に対し審査します。(カジノ運営)

更に、預託金という事故が起きた際でも補償をできると推測される金額と、年間のライセンス料を支払いカジノ運営ライセンスは初めて取得できます。

審査項目の中には、スロット及びビデオゲームに搭載の、RNG乱数発生器の内容にまで及びます。(チェックされる項目)

上記3つのポイントは、イカサマできない内容なので、押さえておいて問題なければ安心していいでしょう。

年間ライセンス料は約80万円~500万円と幅がある。高額ライセンスは信頼性も高い。

カジノ運用ライセンスだけで信頼性を見るのは正しいのか?

カジノ運用ライセンスを取得しているオンラインカジノというだけで信頼性を持っていいのか調べてみました。

カジノライセンスには、どうやらグレード(審査基準の厳しさ)が存在していて、取得するだけで信頼性が増すと言っても良いと言えます。(もちろん審査落ちもある)

【信頼性が高いと言われているカジノ運用ライセンス】

  • UKライセンス:世界で最も信頼性が高い。審査基準は厳しく、広告の内容にまで言及される。ライセンス料は高額。
  • MGA(マルタゲーミングオーソリティー):UKと同等の審査基準を持つライセンス。UKライセンスよりはライセンス料が低いので、カジノサイトが引っ越すケースもある。当サイトのテーマでもあるLuckyNikiもマルタライセンス。
  • キュラソーライセンス:比較的審査は緩いともいわれている。このライセンス保持カジノは、一度、カジノ名+トラブル、などで過去の検索をしておいても損はないだろう。

 

オンラインカジノの仕組みを知るとよくわかるカジノの信頼性について

オンラインカジノの仕組みをちょっとだけ知ると、信頼性を判断しやすくなるでしょう。

オンラインカジノを利用する際に登場する機関(企業)など

  1. 政府(カジノ運用ライセンス発行国)
  2. カジノ運営企業(カジノゲーム場を利用者に提供する)
  3. プレイヤー(かけ金を賭けて利用して遊技する)
  4. ソフト会社(ゲーミングプロバイダとも称される、カジノ運用ライセンスが別途必要。ソフトを開発・提供)
  5. 決済機関(カジノサイトの清算やプレイヤーの入出金を処理する)

(オンラインカジノ 決済に関する記事)

オンラインカジノ 入金出金の方法
オンラインカジノに現金を賭けて遊ぶ際に必須になる内容を書いています。

オンラインカジノの仕組み

オンラインカジノの仕組みです。更に「第三機関」が入ると複雑化してきます。(監視する機関の事)

更にそれぞれに相互的な関連性があります。(運営側)

  • ライセンス発行政府:税収にもなるが、認証カジノサイトが不正を起こすと評判が落ちる。
  • カジノ運企業:不正をすると同業界への再参入は絶望的。ライセンス発行機関から損害賠償発生の可能性もある。
  • ソフト会社:不正をしているカジノ運営企業にソフト提供が結果で他カジノ企業からも取引きが停止する恐れがある。
  • 決済機関:不正を行うカジノとの取引は自社の存続にかかわる(手数料が収益)

 

利用者(プレイヤー)は、ギャンブルとしてカジノサイトを利用するので、この構図は一応知っておいた方がより安全といえます。どこに資金を送金して、どこから資金(引き出し)が送金されているのかが分かります。

蛇足ですが、カジノで個人が得た収益は、日本への送金記録が年間20万円を超えると、確定申告をしましょう。(一時所得となる)日本の税務機関には、上記の図でいう、決済機関⇄プレイヤー、の決済情報が残る為、確定申告(納税)が必要です。

まとめ

今回は、できるだけシンプルに、オンラインカジノの信頼性を判断する要素についての記事になりました。

付け加えて信頼性を見るならば。。。

  • クレジットカードでの入金に対応しているか?
  • 日本語には対応済みか?
  • ゲーミングプロバイダ(ソフト会社)は大手を採用しているか?

なども参考にできます。

全てにおいて、もし不正をすれば確実に社会的問題になるので、まともな企業であれば絶対に間違えない項目だから参考にできます。



 Nikiと運試しをしてみませんか?

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました